【初心者向け】基礎&実践プログラミング

初心者がつまづきやすいところ、最短で実力が身につく方法をお伝えします。

線形近似を用いた交絡因子の排除

はじめに

  • データを扱う上で、年齢や測定器、環境などの交絡因子が結果にどのような影響を及ぼすのか。
  • それらの交絡因子を取り除くにはどうすべきかを、線形近似を用いて解決する。

間違えていたら、ご指摘いただければ幸いです。

従来のz-score

f:id:AIProgrammer:20200312021457j:plainf:id:AIProgrammer:20200312021609j:plainf:id:AIProgrammer:20200312021637j:plainf:id:AIProgrammer:20200312021704j:plainf:id:AIProgrammer:20200312022350j:plain

本来のz-score

f:id:AIProgrammer:20200312022430j:plainf:id:AIProgrammer:20200312022403j:plainf:id:AIProgrammer:20200312021731j:plain

新たなz-score

f:id:AIProgrammer:20200312021757j:plainf:id:AIProgrammer:20200312021825j:plainf:id:AIProgrammer:20200312021852j:plainf:id:AIProgrammer:20200312021921j:plain



頑張れ!喝!!の代わりにB!ブックマークを押していただけるとただただうれしいです(^^)! ↓